{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

もだま工房 ギムネマパウダー

1,400円

送料についてはこちら

日本では、ダイエットサプリメントとして有名なギムネマ・シルベスタのパウダーです。 学名であるGymnema はヒンディー語のGurmar から来ています。 その意味は 「糖を破壊するもの」。 世界中でダイエットサプリの原料として非常に人気のある理由がこの名前からだけでもわかります。 また、このハーブは呼吸器系の問題、潰瘍、目の痛みに非常に有効なハーブといわれています。 消化器系においては 肝臓の作用を促進し、ブドウ糖の代謝に必要な膵臓を刺激して、インスリンの産出を促進します。 循環器系においては心臓の健康を維持し、血糖値の調整。 呼吸器系では、気道から蓄積したカパ(粘液)を取り除くのに役立ち有益とされます。 泌尿器系では利尿作用があるため、尿路感染症や腎臓の問題に効果的といわれています。 また、全身の灼熱感、目や胃などの局所的な灼熱感の軽減。 肝臓、すい臓、脾臓、皮膚などの炎症、腫れを軽減する。 止血作用を有するので、月経過多・鼻血・痔核などの出血障害、潰瘍と傷の治療を促進。 LDLコレステロール値を下げる。 などといわれています。 創薬のために現代医学の手法を用いて行われた実験では 心血管疾患、喘息、癌、糖尿病、肥満などの主要な病気に対して有用で、関節炎、利尿剤、貧血、骨粗鬆症、高コレステロール血症、心臓病、喘息、便秘、微生物感染症、消化不良、 そして抗炎症剤として有効であると報告されています。 食事をとると、血糖値が上がり、すい臓からインスリンが分泌されます。このインスリンの働きによって、余分な血糖は筋肉細胞や脂肪組織に取り込まれ、過剰になると中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。 しかし、ギムネマによって糖の吸収が抑制されていれば、このプロセスを穏やかにすることができます。 ギムネマを摂ると食後の急激な血糖値の上昇を防ぐので、すい臓のインスリン分泌の負担を減らすことができるのです。 【飲み方】 ギムネマは、食事に含まれる糖質の吸収を遅らせるため、食事の前に服用するのが効果的です。 また、ターメリック・ゴーヤ・フェヌグリーク種子・黒コショウとの組み合わせは、より効果的といわれますが、ギムネマ単体でも構いません。 葉の粉末なら 普通の水で3~6gくらいというものもあれば、牛乳、またはハチミツとともに1~2gの粉末を飲むのが糖尿病には有益で、それを空腹時に(食事の前にという意味でしょう) というものもあります。 一回300mgから3gくらいの間を食事に合わせて飲むというのが一般的です。 食事の前に小腸に届いていた方が有効なので、食事の直前に飲むのが本当はより効果的だと思われますが、ギムネマは味覚にも作用し、甘味を感じなくなるので食事がつまらなくなるかもしれません。 ですので、食事をきちんと楽しみたい方は食事のすぐ後に飲むことをお勧め致します。 【注意事項】 ギムネマの服用開始後、腹部膨満感(おなかが張った感じ)や、おならが出やすくなるなどの胃腸症状が認められることがあるそうです。多くの場合、1カ月ほどで消失するようです。また、やや便がやわらかくなって、(下痢をするほどではないです。)量が増えるようです。 ただし、糖尿病で治療中の場合、ギムネマの効果によって、薬の必要量が変化するかもしれません。インスリン依存の糖尿病の場合は、低血糖の管理を十分に行う必要があります。 したがって、糖尿病をお持ちの方は、必ず主治医に相談の上、利用してください。 妊娠中、授乳中、または妊娠を計画している女性はやめておきましょう。 アスピリンやセントジョンズワートと一緒に服用しないでください。 ギムネマの血糖値を下げる効果が高まる可能性があります。(低血糖のリスク) 原材料名 ギムネマシルベスタ 原料原産地 石垣島 内容量 30グラム

セール中のアイテム